ハーレクインかれこれ18年

もう嵌り続けて18年・・・。いっそ埋もれてしまいたい。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

キスは約束の味―愛を知らない男たち〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
夫を亡くしたサンディは、グレンウッドに越してきた。中学高校時代を過ごしたこの小さな町で子供たちを育てることにしたのだ。そんな彼女を、町でも有名なプレイボーイ一家、ヘインズ家の四男坊、カイルが待っていた。彼は十四歳のとき、兄のガールフレンドだった二歳年上のサンディに失恋して以来、彼女のことが忘れられずにいたのだ。サンディは彼の気持ちに気づきもしなかったが…。そして今、引っ越しの手伝いを申し出たカイルはすげなく断られてしまった。サンディにしてみれば、無責任で頼りない男とつき合うのは、亡夫だけでもうこりごり。目の前の、とびきりハンサムな年下の男は、まさにそんなタイプとしか見えなかった。

内容(「MARC」データベースより)
夫を亡くしたサンディは子供たちを連れ、中学高校時代を過ごしたグレンウッドに越してきた。そんな彼女を、ハンサムな青年カイルが待っていた。彼は14歳のときにサンディに失恋して以来、彼女のことが忘れられずにいたのだ。

宮殿に囚われて―復讐の波紋〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
たった四週間で、ウエディングドレスを作れですって?ミラノのファッションサロンで働く新進デザイナーのサファイアは、ジェバイ王国のシーク、ハリドに半ば命令のように依頼された。しかも、彼の国で完成させなければならいと言うので、サファイアは腑に落ちないままジェバイへ飛んだ。宮殿に到着すると、豪華な部屋と工房をあてがわれ、ハリドに過剰なほどの歓待を受けた。だが、いつまでたってもウエディングドレスの主である花嫁を紹介してもらえない。あまりに奇妙だと思い始めた矢先、彼女は驚愕の事実を知る。

内容(「MARC」データベースより)
たった4週間で、ウェディングドレスを作れですって? ミラノで働く新進デザイナーのサファイアは、ジェバイ王国のシーク、ハリドに半ば命令のように依頼された。しかも、彼の国で完成させなければならないと言われ…。

熱き紳士たち (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
『帰らざる日々』―イギリスの人気クラブ歌手ジュリーは、あるとき思いがけず、ローマの一流クラブに引き抜かれた。ローマ―かつての恋人リコの生まれ故郷。ジュリーはリコと深く愛し合い、子供まで身ごもっていながら、彼の裕福な祖父に結婚を反対され、別れさせられたのだった。複雑な思いでローマに着いたとき、彼女の前に突然リコが現れ…。『情熱のフーガ』―二十一歳のキャシーは休暇でスペインを訪れ、名門の大農場主ロマン・フェルナンデスと出会う。純真で内気な彼女に、ひそかな恋心を告白する勇気はなかった。ところがロマンはキャシーを望んだ。突然のプロポーズに彼女は舞い上がり、即座に受け入れた。それが悪夢の始まりとも気づかずに。

内容(「MARC」データベースより)
かつての恋人リコの生まれ故郷であるローマの一流クラブに引き抜かれたクラブ歌手ジュリー。複雑な思いでローマに着いたとき、彼女の前にリコが現れ…。2000年刊「帰らざる日々」と2002年刊「情熱のフーガ」の合本。

魅惑の仮面舞踏会 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ミス・茶ねずみ―フィリーの憧れのボス、ダミアーノは、不格好な彼女をそう呼び、哀れむような目を向けるだけだった。だが、そんな彼女に、夢のような出来事が訪れた。会社主催の仮面舞踏会でクレオパトラに扮すると、あろうことか、ダミアーノが近づいてきたのだ。彼は絶世の美女を崇めるように見つめ、フィリーをパーティ会場の奥の部屋へと誘った。どうしよう。仮面をはずしたらわたしだとわかってしまう。フィリーは仮面をつけて正体を隠したまま、彼が約束する楽園へと飛び立った。

内容(「MARC」データベースより)
ミス・茶ねずみ-。フィリーの憧れのボス、ダミアーノは、不恰好な彼女をそう呼び、哀れむような目を向けるだけだった。だが、会社主催の仮面舞踏会でクレオパトラに扮すると、あろうことか、ダミアーノが近づいてきたのだ。

復讐とは気づかずに (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
シャーリーの父は生前、画家としてそれなりに名を馳せていた。今夜は、その父が遺した裸婦画の展覧会初日だ。収益を寄付するつもりで展示に踏み切ったものの、裸婦画のモデルが皆、父の愛人だったという噂を思うと、心境は複雑だ。そんな彼女のもとに、画廊のオーナーがひとりの男性を連れてきた。父の最後の作品である、黒髪の女性がモデルの裸婦画を買った客だという。男性に目を向けた瞬間、シャーリーは息を飲んだ。褐色の肌、端整な顔立ち、たくましい体。信じられないほど魅力的だ。シャーリーはまったく気づかなかった―彼が残酷な復讐を胸に秘めていようとは。

内容(「MARC」データベースより)
シャーリーの父は生前名のある画家だった。父の遺した裸婦画の展覧会初日、画廊のオーナーが彼女のもとに、裸婦画を買った男性客を連れてきた。シャーリーはまったく気づかなかった。彼が残酷な復讐を胸に秘めていようとは。

運命があるのなら (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
アリスは疲れ果てていた。原因は目の前の男性にある。今夜はボスとその弟ルカと、三人で会うはずだったのに、なぜかルカと二人きりで食事をすることになってしまった。地位も名声も手にした魅力的な男性と、二人で食事―ほとんどの女性はこの状況に歓喜するだろうが、アリスは違った。ルカとの会話はいつも緊張感に満ち、神経がすり減ってしまうのだ。しかもルカは兄とアリスの仲を疑っているらしく、辛辣な言葉をぶつけてくるのだからたまらない。アリスが会話に嫌気が差したとき、不意にルカが言った。「きみが結ばれるのは兄貴ではなく、ぼくだよ」。

内容(「MARC」データベースより)
地位も名声もある魅力的な男性と、2人で食事。だが、アリスは疲れ果てていた。その男性ルカとの会話はいつも緊張感に満ち、神経がすり減るからだ。しかし、その席で彼は不意に言った。「きみが結ばれるのは、ぼくだよ」

名誉の問題 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
これは男の名誉の問題だ。たとえ不釣り合いな相手であろうと―。ナポレオンとの戦から帰国したヴィンセント・カールトン卿は、親友にして戦友ジャックの妹との結婚を決意した。戦場で死を目前にしながら、ジャックは仲間五人に約束させた。“ぼくが死んだら、このなかの誰かに妹カシーの夫になってほしい”五人は藁くじを引き、ヴィンセントが当たりくじを引いた。カシーとはまだ彼女が少女だったころ、一度だけ会ったことがある。美女に育ったとは思えないが、生き生きした瞳は忘れられない。彼女に事情を明かさず、結婚にこぎつけることが肝心だ。彼は入念に計画を立てて、カシーを田舎の館に招いた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ヘリス,アン
美容師として働くうちに生来の想像力が鍛えられ、小説執筆の道に開眼したという。イギリスのハーレクイン社から最初の作品を出したのは1981年。以来、約30作のヒストリカル・ロマンスを刊行している。英国ケンブリッジ在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

セラフィーナ (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
家柄がよくて利口すぎず、従順でつつましやかで、口答えもせず、見目うるわしい娘。そんな娘がもしもいるなら、結婚を考えてもいい。男爵家の当主チャールズ・デイカーは、故意に、かないそうもない結婚の条件を出していた。ところが驚いたことに、そんな娘がいたのだ。ミス・セラフィーナ・フェヴラルなら、結婚しても自由にやれそうだという気がした。自分の目に映っているのが、偽りのセラフィーナだとも知らずに。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
アンドルー,シルヴィア
英国の有名カレッジで長く副校長を務めていた。初めて小説を出版したのは1991年。以来、主にヒストリカルを手がけている。夫と、愛犬と共にイングランド南西部に暮らしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

魅惑の仮面舞踏会 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ミス・茶ねずみ―フィリーの憧れのボス、ダミアーノは、不格好な彼女をそう呼び、哀れむような目を向けるだけだった。だが、そんな彼女に、夢のような出来事が訪れた。会社主催の仮面舞踏会でクレオパトラに扮すると、あろうことか、ダミアーノが近づいてきたのだ。彼は絶世の美女を崇めるように見つめ、フィリーをパーティ会場の奥の部屋へと誘った。どうしよう。仮面をはずしたらわたしだとわかってしまう。フィリーは仮面をつけて正体を隠したまま、彼が約束する楽園へと飛び立った。

内容(「MARC」データベースより)
ミス・茶ねずみ-。フィリーの憧れのボス、ダミアーノは、不恰好な彼女をそう呼び、哀れむような目を向けるだけだった。だが、会社主催の仮面舞踏会でクレオパトラに扮すると、あろうことか、ダミアーノが近づいてきたのだ。

世界一の花嫁―愛を知らない男たち〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
保安官のトラビスはスピード違反の車を捕らえた。運転していたのはエリザベス・アボット、二十八歳。茶色い瞳が印象的な、なかなかの美人だ。助手席には五、六歳の少女がおびえた様子で座っている。トラビスが質問を浴びせるうち、不意に、その女性は息を詰まらせてハンドルのほうに倒れこんだ。顔面蒼白で脈拍も速い―トラビスは病院に急行し、彼女は盲腸炎とわかって手術を受けた。この町に引っ越してきたばかりで、まだホテル住まい。結婚したことはなく、近くに親戚もいないと言うエリザベス。トラビスはエリザベスに強く惹かれたが、彼女は不審な点だらけだ。幼い娘を連れて越してきたというのに家具やおもちゃなど持ち物が何もないのもおかしい。それに、この女性が未婚のまま子供を産んだのだろうか…。

内容(「MARC」データベースより)
保安官のトラビスが捕らえたスピード違反の車を運転していたのは、幼い娘を連れたエリザベス。盲腸炎で倒れる彼女を病院に運んだトラビスは、不審な点だらけの彼女に強く惹かれていく。

鶯谷・うぐいすだに> <アキバ中毒のページ> <鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」> <千葉の印刷なら千代田印刷> <幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク> <横浜関内リラクゼーションサロンDIO> <ハロー!江東区!> <東京ぶらぶら> <墨田区紀行> <電子たばこ> <高収入バイト情報> <GOGO!江戸川区!> <台東紀行> <台東クラブ> <美容外科> <日暮里 鶯谷 上野 ニュース

oooオーガニック千葉A GO GO!ooo 台東紀行ooo A&Dooo うまい米@千葉ooo 千葉自然公園探検ナチュラル派ooo 上野Guide~上野であそぼう~ooo 新鮮 魚料理を食すooo ~品川の街~ooo 将棋好き好き@千葉ooo ガシャポン戦死!ooo 山手線エリアのパスタooo 住宅ローンのことooo 東京ぶらぶらooo 山手線エリア~おすすめの定食屋~ooo 山手線エリアで食べられるおいしいパン。ooo ニコレスタイルmismo(ミスモ)ooo 千葉県の大学一覧ooo 裏千葉ラーメン戦線異状なしooo 国家の要!千代田区ooo 週末お出かけマップアンドパーク千葉ooo